top of page
  • nishizaka5

コンクリート擁壁の補修工事の流れ



1.傷んだコンクリート擁壁をモルタル補修する場合の手順を見ていきます。

2.セットウハンマーで浮いたコンクリートを除去します。

3.取れにくいところは、タガネを使って斫ります。



4.浮いた鉄筋をグラインダーで切断します。

5.ワイヤーブラシで鉄筋の錆を除去します。

6.錆びた鉄筋はコンクリート爆裂(コンクリートが割れる)のもとになるので防錆塗料を施します。



7.防錆塗装終了。これで下地ができました。

8.ボンドセメントとハイフレックスを混ぜて、プライマー(モルタルが下地に接着しやすくする)を作ります。

9.セメント、水、砂をかくはん機で混ぜ合せモルタルを作ります。



10.8で作った接着剤を刷毛で塗ります。

11.続いて、モルタルをこて塗りします。

12.この、10と11の作業を繰り返します。



13.これで下塗り終了。厚みがあるので、養生しながら中塗り、上塗りと進めます。

14.櫛引。鏝で櫛目をつけて中塗りが密着できるようにします。

15.櫛引完了。しばらく養生。



16.中塗り中。

17.中塗り終了、これからまた養生します。

18.上塗り終了。これで工事完了です!






閲覧数:89回0件のコメント

Comments


bottom of page